日本山岳写真協会 南信支部

日本山岳写真協会は、74年の歴史があり、プロ、アマを含め、国内外に400余名の会員を抱えております。
南信支部は、8支部ある中の7番目の支部として1995に誕生しました。


南信支部は、現在、天竜川流域を拠点に14名が在籍しており、各自山岳写真の創作活動を活発に行っております。
山々に展開する厳しくも美しい大自然は。造形的な被写体が数多く存在し、繊細な季節の移ろいも顕著です。


しかし、山の自然は、多くの人に知られることなく、ひっそりと佇んでおります。
私たちはそういった山の姿や自然の表情を、少しでも多くの皆様に知っていただきたいという願いを篭め「貌・季節の中で」という課題に思考を巡らし、 毎年、同じテーマで支部写真展を開催してまいりました。


私たちは、悠久の太古から息づき循環する自然の姿や、たった一度しか見せない一期一会の劇的瞬間を作品として捉え、発表することを目的としています。


そのことから、山の尊厳さをアピールし、併せて映像文化の向上に寄与したいと願い、山岳写真を単なる山の記録として写すのではなく、 支部員各自がそれぞれのテーマを設け、それに沿って活動しています。



トップページへ戻る
inserted by FC2 system